リチウムイオン内包フラーレン合成の最大収率を計算機シミュレーションで予測

横浜国立大学の大野かおる教授は、東北大学(權垠相准教授ら)、筑波大学(山田洋一講師)とイデア・インターナショナル(株)(笠間泰彦代表ら)と共同で、NEDOの計算機支援の新炭素材料開発課題の一貫として、リチウムイオン内包フラーレン合成の最大収率を計算機シミュレーションで予測し、プラズマシャワー法による実験で検証しました。これにより、合成収率の大幅な向上に道が開かれ、有機太陽電池などへの産業応用に向けての研究が加速されることが期待されます。本研究成果は、国際学術雑誌Nanoscaleに2018年1月8日20時(日本時間)にオンライン掲載されました。

日本経済新聞引用 もっと見る

#inews

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright (C) 2017 Idea International Corporation. All Rights Reserved.

Idea International